最近見られる生物

調査する作業員

害獣駆除に関する今後の動向を予測する

家の中に入り込む生物としては、ねずみであったりアリなどが身近なものとして挙げられますが、場合によっては、滅多に目にする事がない珍客が来る場合もあります。一時的な場合には、まだ掃除程度の片付けで済みますが、天井裏などに住み着いてしまった時には、害獣駆除を行う必要があります。害獣駆除の歴史としては、ねずみなどを例に取ると古くから行われてきましたが、最近ではハクビシンもおり、農作物を荒らすなどの害獣になった経緯があります。特にここ暫くの間はハクビシンの被害が続き、害獣駆除を実施するに至っています。

実施する場合の注意点について探る

害獣駆除を実施する場合の注意点としては、知っている人も多くなっていますが、駆除対象とされていない、殺処分できない生物もいますので、専門業者に作業を依頼するのが基本的な方法になります。むやみに自分で駆除しようとしない様にする事が大切です。生物の中には、その生息数などが明確になっていない場合もありますので、その様な生物については、殺処分はしない事が前提になる場合があります。生物の中には、メスは殺処分できても、オスの殺処分が禁じられているなどの種もあります。一般の人では判断できませんので、十分に注意してください。また、種類によっては、早急な対処が必要な場合もあります。つついたりせずに、まずは専門業者に迅速な作業を依頼する様にしてください。