害獣との戦い

女性に説明する作業員

害獣駆除に関するこれまでの変遷を見てみる

私たちの生活の中には、ペットなどの生き物に心が癒され、生活に潤いを与えている事が多くあります。ペットロスという言葉が存在する様に、それほど家族と全く変わらない愛情をもって接しています。しかし害獣も存在します。現在でも身近な生物としては、ねずみなどが挙げられますが、国や地域によっては、毒蛇なども害獣として駆除されてきた経緯があります。時代とともに、害獣駆除の方法についても、簡単に知恵を絞って実施できるものから、化学薬品などを使用した殺鼠剤であったり、不要な生き物を寄せ付けない機器などが開発され、現在に至っています。

害獣駆除については、そこに含まれる生物の種類も多く、現在では飼育が禁止されている様な危険生物なども捕獲される様になっています。今後も害獣に含まれる生物の種類も増える可能性があり、人為的な場合には、罰則なども重く科される様になる事も考えられます。害獣駆除の方法としては、猛獣の場合には、猟友会の人たちを伴う作業も実施されますが、専門業者に作業を依頼するのも一般的な方法になっています。それぞれに専門性をもって作業を実施していますが、人間が自然領域を生活スペースとして増やしていくに連れて、被害なども拡大し、専門業者の数が増えていく事も予想されます。都心部では生息し難いであろう生物などが増えていく可能性なども考えられます。