生活の場を脅かす

和室の屋根裏部屋

シロアリでおこる近所トラブル

シロアリは住宅に被害を与えるため、誰もがきてほしくないと希望している虫です。ですがシロアリが発生してしまった場合には、駆除をおこなう必要があるのです。しかし実は駆除をおこなう方法や駆除後に、近隣の住民とトラブルになる事も少なくないのです。ここではシロアリが発生した時に、どういったケースで近隣住民とトラブルになるのか知って、その対処方法を紹介していきます。 まずよくトラブルになるケースとして、シロアリの発生場所による問題です。自宅はシロアリに住みやすい環境でないのに、隣家が木や湿った環境が多いためアリが発生したというものです。ですが、白アリというのは日本のどのような場所にも生息しているのが普通で、湿った場所や木のある部分だけでなく多くの場所に住んでいるのです。

トラブルを未然に防ぐには

こういった白アリの特徴を近隣住民と、理解しあう事でトラブルを防ぐことが可能です。次によくあるトラブルは、薬剤を散布したことによってシロアリが隣家に逃げていくというものです。特に薬剤を散布すると、隣家からは注目されているためいざ自分の住宅にシロアリが発生すると、あそこの白アリが自分の住宅に逃げてきたと思うのです。 ですがシロアリというのは弱い生き物で、環境が少しでも違うとすぐに死んでしまうのです。そのため薬剤で散布したことにより、いなくなったシロアリはほとんどが死滅すると考えて良いのです。こういった事を近隣の住民に納得してもらう事が大切なのです。また普段からシロアリが発生しないように、庭の整理をしっかりおこなっておく事で、よいイメージを持ってもらう事が肝心です。

害獣との戦い

女性に説明する作業員

生物の中でも、人間に危害を及ぼす生き物の場合には、害獣駆除が必要になります。害獣駆除については、その生き物の種類を問わなければ、かなり古い歴史をもっているのです。

Read more


最近見られる生物

調査する作業員

最近では、外来種としてハクビシンなどが見られる様になっています。ハクビシンについては、明治時代に日本に持ち込まれたとされています。室内で飼う事ができなくなってから屋外の自然に放たれる様になり、野生化した事で繁殖しました。

Read more